さまにこと


「琉生……いいか?僕は親父が琉生とお母さんを間違えているなんて、一言も言っていない。」
「あ……。」
「正直に答えてくれ。琉生も親父の様子がおかしいと感じているんじゃないか?親父は琉生をお母さんだと思っているのか?そう口にしたことがあった?例えば、琉生をお母さんの名前で呼んだことはないか?」
「そんなことは……」

無いとは言えず、琉生が言葉を飲み美股 即時 報價込んだのを、尊は見逃さなかった。

「ちょっとだけ……怖かったことが有る……。お父さんは時々、ぼくに傍にいろって言うんだ。」
「それで?」
「最初言われた時は、学校があるから無理って断った。ちょうど、隼人兄ちゃんが学校に行くときで遅れるぞって呼んでくれたから、すぐに出かけたんだ。」
「それだけか?」
「うん……それだけ……」
「琉生。僕はいつでも琉生の味方だろ?誰にも言わないから、何が有ったか話してご覧。隼人にも言わない。」

琉生はしばらく考えて、やっと重い口を開いた。

「その日の夕方、学校帰りに塾に行ったんだ。そうしたら、帰るのが遅いってひどく叱られた。今までどこに行ってたんだって。いつか、お母さんと出かけた時、ぼくがバスに酔ってしまって帰りが遅くなった時が有ったでしょう。あんな感じの……一方的な怒り方。でも、ぼくはいつもどうり、塾か飲水機推薦らの帰り道は、どこにも寄らないでまっすぐ家に帰って来たんだよ。それに、お父さんはこれまで、そんなでぼくを怒った事なんてなかったのに……」
「急にそんな風に叱られたら、琉生も困るよな。」
「うん……帰るなりすごい剣幕だったから、ちょっと驚いた。」

寺川は、妻の外出を喜ばなかった。
たまに出かけた妻の帰りが遅くなると、あから不機嫌になって、側に子供たちが居ようと構わずに文句を言った。

尊はそんな父を知っていたから、母に代わって、できるだけ琉生を連れて買い物に行くようにしていたくらいだ。

もしも琉生を相手に、過去に母にしたのと同じようなことが繰り返されているのだとしたら、放ってはおけない。琉生の話を聞き、尊の不安は昏い確信へと変わった。
父を信じたくても、事実を前にしては、どうしようもなかった。

「……一周忌の法事も済ませたのに、親父はまだ立ち直っていなかったんだな。酒量が暗瘡治療増えていると聞いていたから、気になってはいたんだが、お母さんがいない現実を認めたくないんだな。」

尊はしょんぼりと俯いた琉生に、ふっと笑いかけた。