読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かにらないだ


つい、この間までちびだった俺は、人型になった時はきっと夏輝よりも年上に見えると思う。人型になったときの俺は、少し前の消耗脂肪ふわふわじゃなくて、きっとかなり凛々しく男らしくなっているはずなんだ。

くん…?風に乗って、妙な屍肉の匂いがする……?
河原にある小さな土饅頭の前で、立ちつくしたそいつは静かに泣いていた。
ああ、誰か大切な奴が死んでしまったんだな。
そいつは、本当に哀しそうにそこで佇んでいたんだ。
でも、その土饅頭は俺には墓だってわかるけど、丁寧に均(なら)されていたから、誰かが埋葬されているなんて、人間の目にはわかろう。つか……なんで、人間なのにこんな寂しいところに埋葬されているんだろう。人間だったら、こんな河原の寂しいところじゃなくて、きちんとした墓地に埋葬されるはずなのに……。

生きていれば、必ず死はやってくる。白狐さまだって、父ちゃんだって長生きだけどいなくならない保証はない。野良の犬猫が飢えたり車に轢かれて道端で儚くなっているのを俺は何度も見た。
白狐さまのように神域に住む存在は、誰かの信仰心が無くなったら、存在意義がなくなって消え失せてしまうものだし、狗神の父ちゃんだって種をつないだ後は、いつかはこの世から姿が消える。長命だけど、この世のものは誰も不老不死じゃない。
魂魄香港公司註冊は永遠だけど、肉体は滅びるものだから…って、父ちゃんが言ってた。

「だからこそ、悔いの無い人生を生きろよ。今の記憶を持ったまま輪廻転生できるならもっと楽に生きられるんだがな。」

父ちゃん、それ俺にはちょっと難しすぎだって。

そっと傍に寄っても、そいつはずっとめそめそと泣いていた。
俺の事はわかったはずなのに、ずっと前を向いたまま滂沱の涙は止まらないみたいだ。
隣に座って溢れる涙を、舐めてやってもじっとしていた。

「ナイト……。ずっと……探してたんだよ。」

不意に、そいつが俺の名を呼んで首っ玉に掻きついてきた。

「ちょっ……ちょっとお~……?」

夏輝以外に、こんな風にぎゅうっと首っ玉に掻きつかれたのは初めてだった。
何だか、涙腺が壊れてしまった感じだった。
後から後から涙があふれてきて、そいつは最初泣いていたのだが、そのうちえぐえぐとしゃくり始めた。

「ナイト~……ううぅ~……ナイト~……」

「え、まじで俺のこと?」

そいつがあんまり悲しそうに泣くので、父ちゃんの血を楊婉儀幼稚園 拖數引いてる男気溢れる俺としては宥めずにはいられなかった。

「よしよし……。泣きたいんだったら、気が済むまで泣きな。俺の胸を貸してやるよ。」

「わあぁあ~~~ん……ナイト~~~っ!どうして、どうして、ぼくを置いて逝っちゃったんだよ~~~ああ~~~んっ……。直ぐに帰って来るって言ったのに。嘘つき……嘘つきぃ……あ~~~んっ……」