お詫び気になっ


だがね……と、続けられた楼主の言葉は冷たかった。

「油屋の旦那の身請け話を勝手に断った上に、今度は禿の不始末だ。ちっとばかり、その澄ました玲瓏な白面を歪めてやろうじゃないか。ちょうど、桜の季dermes 激光脫毛節の花見の余興にいいだろう。坪庭で夜桜の宴を開くとしよう。お前を吊るすには、枝ぶりももってこいじゃないか。」

「あい、お父さん。この雪華を、ご存分にお仕置きしてくんなまし……」

「言っておくが、私は最近のおまえの気ままなやり方には、少しばかり腹を立てていたんだ。覚悟はいいね、雪華花魁。大勢の前で啼いてもらうよ。お前が袖にした、油屋の旦那にも招待状を送っておこう。お前がこれまでつれなくした他の上客にもね。高い見料を払ってくれるだろうよ。」

「あ……い。」

雪華の白い顔が、心なしか強張っていた。

*****

「うう~~~~っ!」

芋虫のように縄目を受けた初雪を、抱き寄せて自由にすると、雪華太夫は打掛を脱ぎ掛けてやった。

「冷たい土間にいると、お風邪を引くよ。六花、そこで覗いているんだろう。男衆に頼んで、初雪にお湯を使dermes 脫毛わせてやってくれ。温かい汁もね。」

「あい。」

部屋でいい子にしてろと言われた六花は、どうにもてそうっと降りてきて、様子をうかがっていた。

「雪華兄さん、兄さん……あぁん……初雪のせいで……兄さんが酷い目に遭う~……」

「よしよし……泣かなくてもいいよ。足抜けのをするのは、初雪には酷だよ。男衆に、よってたかっていたぶられるんだよ。どこに隠れているか知らないけれど、忍んで来た好きなお人に、そんな姿は見せられないだろう?」

「でも……でもっ!」

「お前が思い詰めて足抜けなんぞをする前に、身が立つように考えてやったらよかったんだが、禿のおまえがついつい可愛くて、遅くなってしまった。だから兄さんが、初雪の代わりに罰を受けようよ。」

初雪はとめどない涙にしとどに濡れ、傍に控えた六花も涙にくれた。自由にふるまっているように見えdermes 脫毛價錢る雪華花魁でさえ、娼妓は誰も皆、商品だと思い知った。
大江戸一の花菱楼の美しい籠の鳥は、風切り羽を切られ、決して自由に羽ばたいたりはできないのだった。