読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かにらないだ

つい、この間までちびだった俺は、人型になった時はきっと夏輝よりも年上に見えると思う。人型になったときの俺は、少し前のふわふわじゃなくて、きっとかなり凛々しく男らしくなっているはずなんだ。くん…?風に乗って、妙な屍肉の匂いがする……?河原にある…

お詫び気になっ

だがね……と、続けられた楼主の言葉は冷たかった。「油屋の旦那の身請け話を勝手に断った上に、今度は禿の不始末だ。ちっとばかり、その澄ました玲瓏な白面を歪めてやろうじゃないか。ちょうど、桜の季dermes 激光脫毛節の花見の余興にいいだろう。坪庭で夜桜…

してをすす人ホ

「何、心配しなくても泊まり賃なんていらないさ。困ったときは御互い様だ。どうせ、一人暮らしなんだ。一晩でも二晩でも落ち着くまで、泊まって行けばいい。」「……でも、そんな……悪いよ。」「いいって、いいって。」男は涼介の少ない荷蘇家興物を手に取り、…

り見れたボール

翔月は柏木の住所が書かれたメモを受け取ると、ポケットにねじ込んだ。自分が考えるよりも常に先手を打つ柏木に、どう対処すればいいのだろう。もしも、柏木の言うのが事実ならば、投稿しているサイトを知らねばならない。動画を削除願景村 退款するには、そ…

嫌が良あるだ

答えは諾(だく)と決まっていた。これからも、劇団醍醐の旅回りは続く。希望を持たないで生きて行けるはずもない。「いいか、大二郎。縁を結ぶってことは、互いに見えない糸でつながっているという骨膠原事なんだ。」「糸……?切れない?」「いいさ……おいら…

してい吸痕見つけ

「知らなかったとは言え、守ってやれなかった。すまぬ。わたしの落ち度だ。」思い返せば、職探しに出かける度に、何度も直dermes激光脫毛 正の筒袖を意味ありげに引いた一衛だった。何があったと問うても、かぶりを振るばかりで、それ以上直正は詮索もせず、…

汚物を見た誰も

「現で何が有ったは知りんせんが、あの子は12で禿となり、ここまで苦労してやっと這い上がって来たんでありんす。華族の家に生まれて、自分の体も独りで洗えないような子が、やっと一人前になって突出しを済ませ、今日初めて水揚げの日を迎えんした。本郷…

で切って認定された

じゃ、いいや、幸い買い物した中に傷む心配のある生モノもないし、このまままた、ホームセンターに行って来よう。どうせあと少しだろう。頭痛いけどさーと思いながら、ぐるりと回ってホームセンターに行き、特に何を買うでもなく、草花を見て帰って来た。よ…

到Dr reborn打透明質酸,一不小心就年輕回到了18歲

我這次是去九龍旺角亞皆老街的朗豪坊辦公大樓41樓裏的Dr reborn旗艦店做的醫療美容,去年我也有在Dr reborn打了一次透明質酸去皺,價格不到一萬,但效果特別理想,醫師做完了馬上就見效,皮膚上不僅皺紋少了,整個臉部回到水水的狀態,這狀態維持了十個多月…

通の利く仕事を

ると、バン?ゴッホはプロではなかったことになっちゃう。ほらぁー、変じゃん。とすると、その人の入れ込み方、内容、エスプリ、深み、技量とか、やっぱ、お金の問題ではないということになる。まあ、世間様が決めるのだろう。でね、プロのブロガーというのが…