読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

してい吸痕見つけ


「知らなかったとは言え、守ってやれなかった。すまぬ。わたしの落ち度だ。」

思い返せば、職探しに出かける度に、何度も直dermes激光脫毛 正の筒袖を意味ありげに引いた一衛だった。
何があったと問うても、かぶりを振るばかりで、それ以上直正は詮索もせず、一衛を置いて街に出た。

「……一衛がすべて自分で決めたことです。誰のせいでもありませぬ。」
「それは違う。」

一衛の手を引き、焦土と化した国許を後にしたのは、直正一人の考えだった。
藩公の血涙を吸った緋毛氈の欠片を懐に、幾度も武家の誇りも意地も踏みにじられたのを、二人で支え合ってきた。
職探しにかまけ、長いこと一人にしてしまった自分が悪いと、直正は深く恥じ入った。

「島原屋に付け入られたのは、いつまでもこんな所に逗留を続けたわたしのせいだ。もっと早くに、どこか違う宿をていたら、こんな目に遭わずに済んだはずだ。」

直正は、振り絞去斑るように何度も詫びの言葉を繰り返した。
伸ばした細い腕の内側に、赤く散るを見つけて、ついに直正ははらはらと落涙した。

「すまぬ……。嶋原屋を心底信用していた。一衛の身がこのように貶められているとは。すまぬ……一衛。仕事を求めて奔走る間に、このような災厄に見舞われていようとは……」
「直さま。お手をお上げください。一衛は、これでも武士の矜持を貫いたつもりですのに……人を助ける理由がなければ、一衛も会津の男です、とうに自害しております。」

やわらかく薄日のように微笑んで、一衛はいつもと変わらない笑顔を向けた。

「矜持だと?こんな目に遭っていながら、なぜ微笑う……?」
「直さまが昔と変わりなく、まっすぐな方だから嬉しいのです。」
「答えになっていない。」
「お伝えしようと思いながら、一衛も機を逃しておりました。」

いぶかしげに直正は一衛を見つめた。

「伝えたいこと……?」
「実は……もう胸の病は治窗口式冷氣機比較らないと、お医者さまに言われました。」
「馬鹿な!……元気だったではないか……長引いているが、ただの風邪だと言ったではないか。」

汚物を見た誰も



「現で何が有ったは知りんせんが、あの子は12で禿となり、ここまで苦労してやっと這い上がって来たんでありんす。華族の家に生まれて、自分の体も独りで洗えないような子が、やっと一人前になって突出しを済ませ、今日初めて水揚げの日を迎えんした。本郷様安利呃人がお連れになったあの日から、あの子は懸命に生きて来たのでありんす。あの子の4年間を台無しにするのは、わっちは兄貴分として見逃すことはできんせん。本郷様、ここは退け時と心得て、男らしゅうお帰りなんし。」

「よく言った、雪華。」

「あ……澄川さま。」

「本郷さん。聞けば亡き柏宮への意趣返しのようだが、すでにこの世にはいないものを責めても始まるまい。あなたも財も名も成した方だ。この際、細雪の事は諦めてやってはくれないか?あの子はあなたが思っているような子ではない。とても素直な良い子だよ。」

本郷の眼が既に常軌を逸した光を宿しているのに、その場に居が気付いた。

無理心中を図った前日、柏宮と本郷は対面している。

仕方なく手放した所領の殆どを安価に手に入れ、蔵の所蔵品を二束三文で買いたたいたAmway傳銷余りにあこぎな本郷の所業に、最後にやっと気付いた柏宮だった。
しかも本郷は恥知らずにも、その場に財産目録を広げ、全てを返還する代わりに奥方様と同衾したいと申し入れている。話をさせてくれという本郷の頼みを断りかねて、仕方なく柏宮は妻の徳子を客間に呼んだ。

昔と変わらぬ美貌の徳子は、今は調度も無くなった広い客間に現れると、本郷の必死の懇願に取りつくしまの無い冷ややかな目を向けた。本郷を側室腹とさげすんだ華族社会の、侮蔑と軽蔑の入り混じったまるでるような視線だった。
それでも本郷は、必死に気力を振り絞り思いを告げた。

「俺には財産がある。着物や宝石も……あんたの好きな贅沢を、今以上にさせてやれる。この家を元通りにしてもいい。だから、一文無しになった柏宮と縁を切って、俺の所に来てくれないか?俺は、昔から……貴女が柏宮と知り合う前から徳子さんのことが好きだったんだ……」懐から黒光りのする拳銃を取り出すと、本郷は一発天井に向けて撃った。
銃声を聞き、細雪は思わず部屋を飛び出した。自分の為に、わざわざ時安利傳銷間を作り登楼してくれた澄川の身が心配だった。

で切って認定された


じゃ、いいや、幸い買い物した中に傷む心配のある生モノもないし、このまままた、ホームセンターに行って来よう。どうせあと少しだろう。頭痛いけどさーと思いながら、ぐるりと回ってホームセンターに行き、特に何を買うでもなく、草花を見て帰って来た。よしよし、もうトラ甩脂穴位神貼ックはないぞ。

 

そろりそろりとバックで駐車スペースに向かう。
するとなんと、隣りの車で死角になっていたところに、箒とちりとりが置いてあった。


作業服のおじさんのひとりが慌てて走ってきて、箒とちりとりを取り上げる。
よし、今度こそ大丈夫ねと思ったら、おじさんが何やら言いたそうだから窓を開けると、

「今、ちょうど片付けが終わる所で、あと少し細かい枝が落ちてるんで、ちょちょっとここ、掃かせてもらうときれいになるんですよねー」


いや、知ってるよ、ずっと作業してたの知ってるよ、トラック置いてたから汚れたんだよね、ここ。
「あ、いいですよー、待ちますから」

まるで、今はじめて帰ってきたばっかりみたいな顔をして、なんでもない風にニコニコ微笑んで、エンジンを止めて待つ。

 

ああ、神さま、本日こうして人知れず「いいこと」をした分、いつかわたしにも王賜豪醫生ラッキーをください。なーんて、期待したくもなるけれど、神さまは、できない苦労はお与えにならないお方。ってことは、わたしは「待つことができる人」「多少の文句は言わない人」ということが改めてだけのことであって、これからもやっぱり、待たされる側になるってことだね。まあ、だいたい、これくらいのことで何かいいことした気分になるのも間違いさね。

 

おじさん、とっても丁寧に掃いてくれた。(つまり待たされた)
終わって「どうもー」って言うから、
「ありがとうございました!」って爽やかにお礼を言っちゃったよ。
上手く駐車できなくて、二回も切り返ししちゃったよ。

 午前中から日差しがギラギラ照る中、美容院に行った。
髪にうねりが出てきて鬱陶しくなったので、顔周りだけ、人生初のストレートパーマをかけてみた。後ろは襟足ぎりぎりもらい、前下りのショートだ。

 

さて、ストレートにしてタイトにすっきりしたのはいいんだけど、耳にかけても前髪がさらさら落ちてくるので別の意味で鬱陶しくなってしまった。思えば、全く結べない短さで夏を迎えるのは初めてだ。朝起きてきゅっとひとつに髪を結ぶと、暑くてもしゃっきりしたもの甩脂穴位神貼だったけれど、この夏はどうしよう。ねじり鉢巻とかターバンとか?

 

到Dr reborn打透明質酸,一不小心就年輕回到了18歲

我這次是去九龍旺角亞皆老街的朗豪坊辦公大樓41樓裏的Dr reborn旗艦店做的醫療美容,去年我也有在Dr reborn打了一次透明質酸去皺,價格不到一萬,但效果特別理想,醫師做完了馬上就見效,皮膚上不僅皺紋少了,整個臉部回到水水的狀態,這狀態維持了十個多月。

這次我決定試下透明質酸補濕嫩白針,諮詢了下醫師說透明質酸補濕嫩白針,是將穩定性透明質酸平均注射於真皮層上,為缺水肌膚細胞持續補濕,同時穩定性透明質酸注入皮膚後會拉緊周邊組織,刺激骨膠原及水份的增加,達到改善毛孔粗糙、暗黃等系列問題,整個療程費用也僅在一萬左右的價格,這價格真是太實在了。我馬上就做了,整個療程不到半小時就搞定了,非常快。出來我對著鏡子仔細看了上,臉上肌膚細滑有光澤,顯得十分白皙剔透,完全就是18歲的肌膚狀態,太水嫩了。

最後,再給大家科普下Dr reborn這家香港高端醫學美容服務品牌,它是香港最大醫學美容服務商,有許多香港明星代言過,像鐘欣潼、溫碧霞等都是這品牌的代言人來的,專業、安全等方面都是十分有保障的,最重要的是去過Dr reborn做美容的都說好。

通の利く仕事を

ると、バン?ゴッホはプロではなかったことになっちゃう。ほらぁー、変じゃん。とすると、その人の入れ込み方、内容、エスプリ、深み、技量とか、やっぱ、お金の問題ではないということになる。まあ、世間様が決めるのだろう。

でね、プロのブロガーというのがいるけれど、ブログnuskin 香港自体というより、その広告で稼いでいる人。正確にはプロ広告人ということだね。ブログ記事だけで稼ぐ人は皆無のはずだ。でも、私の見解では、プロのブロガー、その広告収入という意味ではなく、その文章力、内容、洞察力???、そういうものを総合して、いる。どこに? 私のブログの右下に。

ところで、また、「ところで」だけれど、私および私の周りのミュージッシャンで演奏活動だけで食っているのは、沖師匠とアラン?シルバぐらいである。皆、別に仕事を持っている。音楽の先生が当然にして多い。以前の私のように日系企業の営業課長、こういうのは稀だ。もう少し、今の私のように融している。皆、プロなのだけれど、「十分な収入のないプロ」なのだ。私も含めて、皆、無料では演奏しない。もちろん、何かの主旨でギャラをご寄付というケースはあるけれど、それは、我々の懐にお金が入らないだけで、無料とは違う。

うん、やはり、皆、趣味でやっているわけではないからねぇー。でも、自称アマチュアで凄いnuskin 香港演奏をする人もいる。でも、ご本人が趣味と言い張るのだから、それはそれでよし。

じゃ、プロとアマの違いは? あっははははぁー、自分で、「はい、私はプロです」と言い
張って責任を取れるのか取れないのか、まあ、これだけね。世間様にお金を要求しているから、芸術レベルの問題ではなく、社会問題になる。そのお金に見合っているのかという払う側の判断が来るから芋ぉーーー、ピアノの掃除から始めろぉーーー、蓋の開け方からやり直せぇーーー、楽屋の雑巾掛け、お茶汲みから始めろぉーーー」とか言われるのである。

でも、世間様で結構大量にお金を稼いでいるアイドル歌手なぁーーーんていう人たち。まあ、プロのミュージッシャンではなく、プロのアイドルだから、もちろん、結構。でも、時々、「あた
しぃーーー、アーティストだからぁーーー」なんていう洟垂れ娘がいたりする。まあ、ジャズメンのオシメの取替えをやってから言いたまえ、そういうことは???。

自分で自分の事を「芸術家」なぁんて言う。恐ろしいっ! 芸術の恐ろしさを知らないから、と申し上げる。半端じゃないよぉー、それは。私は、「へぇ、旦那、あたしゃー、ジャズのピアノ弾きです」としか言えない。でも、結構多いのだ、こういう人たち。絵描きのアトリエ解放展なぁーーーんていうのをたまに見に行く。私は元現代美術家。その目に耐えられる人たちはほんの一部に過ぎない。自分の才能に見切りを付けた私の目に耐えられない作寶寶食物過敏品なんぞ、粗大ゴミ。音は、まだ、場所取らんから、まだ、マシだ。