読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かにらないだ


つい、この間までちびだった俺は、人型になった時はきっと夏輝よりも年上に見えると思う。人型になったときの俺は、少し前のふわふわじゃなくて、きっとかなり凛々しく男らしくなっているはずなんだ。

くん…?風に乗って、妙な屍肉の匂いがする……?
河原にある小さな土饅頭の前で、立ちつくしたそいつは静かに泣いていた。
ああ、誰か大切な奴が死んでしまったんだな。
そいつは、本当に哀しそうにそこで佇んでいたんだ。
でも、その土饅頭は俺には墓だってわかるけど、丁寧に均(なら)されていたから、誰かが埋葬されているなんて、人間の目にはわかろう。つか……なんで、人間なのにこんな寂しいところに埋葬されているんだろう。人間だったら、こんな河原の寂しいところじゃなくて、きちんとした墓地に埋葬されるはずなのに……。

生きていれば、必ず死はやってくる。白狐さまだって、父ちゃんだって長生きだけどいなくならない保証はない。野良の犬猫が飢えたり車に轢かれて道端で儚くなっているのを俺は何度も見た。
白狐さまのように神域に住む存在は、誰かの信仰心が無くなったら、存在意義がなくなって消え失せてしまうものだし、狗神の父ちゃんだって種をつないだ後は、いつかはこの世から姿が消える。長命だけど、この世のものは誰も不老不死じゃない。
魂魄は永遠だけど、肉体は滅びるものだから…って、父ちゃんが言ってた。

「だからこそ、悔いの無い人生を生きろよ。今の記憶を持ったまま輪廻転生できるならもっと楽に生きられるんだがな。」

父ちゃん、それ俺にはちょっと難しすぎだって。

そっと傍に寄っても、そいつはずっとめそめそと泣いていた。
俺の事はわかったはずなのに、ずっと前を向いたまま滂沱の涙は止まらないみたいだ。
隣に座って溢れる涙を、舐めてやってもじっとしていた。

「ナイト……。ずっと……探してたんだよ。」

不意に、そいつが俺の名を呼んで首っ玉に掻きついてきた。

「ちょっ……ちょっとお~……?」

夏輝以外に、こんな風にぎゅうっと首っ玉に掻きつかれたのは初めてだった。
何だか、涙腺が壊れてしまった感じだった。
後から後から涙があふれてきて、そいつは最初泣いていたのだが、そのうちえぐえぐとしゃくり始めた。

「ナイト~……ううぅ~……ナイト~……」

「え、まじで俺のこと?」

そいつがあんまり悲しそうに泣くので、父ちゃんの血を引いてる男気溢れる俺としては宥めずにはいられなかった。

「よしよし……。泣きたいんだったら、気が済むまで泣きな。俺の胸を貸してやるよ。」

「わあぁあ~~~ん……ナイト~~~っ!どうして、どうして、ぼくを置いて逝っちゃったんだよ~~~ああ~~~んっ……。直ぐに帰って来るって言ったのに。嘘つき……嘘つきぃ……あ~~~んっ……」

お詫び気になっ


だがね……と、続けられた楼主の言葉は冷たかった。

「油屋の旦那の身請け話を勝手に断った上に、今度は禿の不始末だ。ちっとばかり、その澄ました玲瓏な白面を歪めてやろうじゃないか。ちょうど、桜の季dermes 激光脫毛節の花見の余興にいいだろう。坪庭で夜桜の宴を開くとしよう。お前を吊るすには、枝ぶりももってこいじゃないか。」

「あい、お父さん。この雪華を、ご存分にお仕置きしてくんなまし……」

「言っておくが、私は最近のおまえの気ままなやり方には、少しばかり腹を立てていたんだ。覚悟はいいね、雪華花魁。大勢の前で啼いてもらうよ。お前が袖にした、油屋の旦那にも招待状を送っておこう。お前がこれまでつれなくした他の上客にもね。高い見料を払ってくれるだろうよ。」

「あ……い。」

雪華の白い顔が、心なしか強張っていた。

*****

「うう~~~~っ!」

芋虫のように縄目を受けた初雪を、抱き寄せて自由にすると、雪華太夫は打掛を脱ぎ掛けてやった。

「冷たい土間にいると、お風邪を引くよ。六花、そこで覗いているんだろう。男衆に頼んで、初雪にお湯を使dermes 脫毛わせてやってくれ。温かい汁もね。」

「あい。」

部屋でいい子にしてろと言われた六花は、どうにもてそうっと降りてきて、様子をうかがっていた。

「雪華兄さん、兄さん……あぁん……初雪のせいで……兄さんが酷い目に遭う~……」

「よしよし……泣かなくてもいいよ。足抜けのをするのは、初雪には酷だよ。男衆に、よってたかっていたぶられるんだよ。どこに隠れているか知らないけれど、忍んで来た好きなお人に、そんな姿は見せられないだろう?」

「でも……でもっ!」

「お前が思い詰めて足抜けなんぞをする前に、身が立つように考えてやったらよかったんだが、禿のおまえがついつい可愛くて、遅くなってしまった。だから兄さんが、初雪の代わりに罰を受けようよ。」

初雪はとめどない涙にしとどに濡れ、傍に控えた六花も涙にくれた。自由にふるまっているように見えdermes 脫毛價錢る雪華花魁でさえ、娼妓は誰も皆、商品だと思い知った。
大江戸一の花菱楼の美しい籠の鳥は、風切り羽を切られ、決して自由に羽ばたいたりはできないのだった。

してをすす人ホ


「何、心配しなくても泊まり賃なんていらないさ。困ったときは御互い様だ。どうせ、一人暮らしなんだ。一晩でも二晩でも落ち着くまで、泊まって行けばいい。」

「……でも、そんな……悪いよ。」

「いいって、いいって。」

男は涼介の少ない荷蘇家興物を手に取り、肩を抱いた。

「良かったぁ。ほんとは、おれ、すごい困ってたんだ。カツアゲされて怖かった。」

「そうか。この町には悪いことする奴が居るからなぁ。そうだ、腹も空いてるんだろう?飯でも食うか?」

「ん……。」

売り専バーにたむろする綺麗専の男に手を引かれ、心細さに鼻った涼介は文字どうりお持ち帰りされる寸前だった。
この町には色々な趣向の住人がいる。
肩を抱かれた涼介が男と行きかけた時、店を出た所で男に気付いた幻夜のホスト、月虹が声を掛けた。
ただの恋のさや当てなら口を出す気はなかったが、相手が、堅気にも容蘇家興赦ない性質の悪い男だったと知っていたから、つい仏心を出しまった。真正サディストのこの男に関わって病院送りになった者は、月虹が知る限り一人や二人ではない。
月虹が勤める幻夜の新人ホストも一人、田舎から出て来たばかりの時、毒牙に掛かって泣きを見たことがある。

「よぉ……おっさん。こいつおれの知り合いで捜してたんだけど、未成年って知ってて手ぇ出してる?おれの面くらい知ってるよね?幻夜の新ストが一人、仇を討ってくれって泣きを入れて来たぜ?ずいぶん世話になったらしいじゃないか。」

この町で月虹を知らない者など、よそ者くらいしかいなかった。
男はざっと顔色を変えた。相手は数人いて、どう見ても自分の方が分が悪い。

「え……?こいつが月虹さんの、連れって……。やべ……え~と。いや、いやいや~。あ、ちょいと、野尿道炎暮用思い出しちまったな~。あ、君、またいつか縁があったら会おうね。せっかく知り合ったのに、ごめんね~。」

り見れたボール



翔月は柏木の住所が書かれたメモを受け取ると、ポケットにねじ込んだ。
自分が考えるよりも常に先手を打つ柏木に、どう対処すればいいのだろう。
もしも、柏木の言うのが事実ならば、投稿しているサイトを知らねばならない。動画を削除願景村 退款するには、そこに入るパスワードがどうしても必要だった。
パスワードを手に入れるために、何が翔月を待っているのか、想像もつかなかった。

「……青ちゃんには……言えない……」

翔月はふらふらと、夕暮れの学校を後にした。

*****

青児から翔月を奪い取ることに成功したと思っている柏木は、その後、翔月を迎え入れて、上機嫌だった。
空き部屋の多い古いマンションの部屋に、ついに翔月を引き込んだ柏木は、まるで久しぶりに会う恋人に接するように饒舌に語った。
促されてソファに腰掛けた翔月を、柏木は背後から抱きしめた。

「よく来たね、うさぎちゃん。胸がどきどきしてる。何か飲む?」

「いえ……。」

「そんなに固くならないで気を楽にして。ここは教室ではないのだからね。取りあえず、汗を流そうか。おうちには、友達の家に行きますって言って来た?明日は休みだから、今夜は泊ってゆくんだよねぇ?先生と気持ちいいこといっぱいしようね。」

翔月は思わず、ズボンの探索四十 呃人ポケットに入を握り締めた。柏木の真意が見えない。
探るように口を開いた。

「先生……先生が投稿した……ぼくの動画ってどんなのですか?」

「気になるの?」

「はい……」

「そう?じゃ、シャワーでも浴びて、二人でゆっくようか。中々、扇情的に色っぽく撮れてるんだよ。早く見せてあげたいな……」

「あの……。ぼくは……お風呂はちゃんと湯を張って入りたいです。シャワーだけだと、何かさっぱりしないから……あの……駄目ですか?」

「駄目なことなどあるものか。君が望むなら、なんでも聞いてあげる。辛くないようにお湯の中で、ゆっくり時間をかけて後ろを解してあげようね。僕のモノは、きっと荏田青児のモノよりは大きいはずだから、慣らしておかないと、身体を傷つけたら大生髮治療変だ。」

「……」

嫌が良あるだ



答えは諾(だく)と決まっていた。
これからも、劇団醍醐の旅回りは続く。希望を持たないで生きて行けるはずもない。

「いいか、大二郎。縁を結ぶってことは、互いに見えない糸でつながっているという骨膠原事なんだ。」

「糸……?切れない?」
「いいさ……おいらには、上と下の目蓋を合わせ、じっと目を閉じてりゃおっ母さんの顔が浮かぶんだ……。おっ母さんに会いたくなったら、おいらこうやって、しっかりと目をつぶるんだぁ……。」

「大二郎。そこで、さあちゃんの顔を浮かべてみな。」

「おっ母さ~ん…………」

恋しい母の面影を求めた忠太郎の目蓋に、恋しいさあちゃんの顔が浮かんだ。
ぽろぽろと、涙が頬を転がってゆく。

「……さあちゃ~~~~~~~んっ!!さあちゃ~~~~ん!!……ああぁ~~んっ……さあちゃん~。」

「そうだ。よしよし、大二郎。これが人を恋うってことなんだ。忘れずに覚えておきなよ。」

「さあちゃ~ん……。」
「はい。売出し中の柏木醍醐でございます。こちらは、倅の柏木大二郎と申します。」

大二郎は頭を下げた。

「嘘なもんか。ほら、見てみな。お前がしょっちゅう吸ったせいで、羽鳥の乳首bicelle 好用は男のくせにでかいだろう?」

ぐいとTシャツをたくし上げたら、羽鳥があわてた。

「醍醐さん!怒りますよ!もう~。こっちは、ハンドル握ってるんですからね。」

「本当のことじゃないか。ほら、大二郎、おっ母さんのおっぱいだぞ。」

「やめてくださいったら!おれ、あのころは大二郎が泣く度、本気で乳が出ればいいのに思ってたんですからね。」

大二郎は乳飲み子の役で、常に舞台に出ていた。楽屋におけばぐずぐずとよく泣く子供だったが不思議と舞台の上では機かった。
出ない乳を含ませた姿に、客席は大いに笑ったが、羽鳥は大二郎が不憫で本気でこっそり泣いていた。

そんな話を笑う醍醐も羽鳥も、今はあえて「さあちゃん」の話は口にしない。いつか、あの温泉街のホテルで興行することが有れば、会う事もろうと思って居る。
一座には毎日新HKUE 好唔好しい出会いが有り、忙しない別れがあった。

してい吸痕見つけ


「知らなかったとは言え、守ってやれなかった。すまぬ。わたしの落ち度だ。」

思い返せば、職探しに出かける度に、何度も直dermes激光脫毛 正の筒袖を意味ありげに引いた一衛だった。
何があったと問うても、かぶりを振るばかりで、それ以上直正は詮索もせず、一衛を置いて街に出た。

「……一衛がすべて自分で決めたことです。誰のせいでもありませぬ。」
「それは違う。」

一衛の手を引き、焦土と化した国許を後にしたのは、直正一人の考えだった。
藩公の血涙を吸った緋毛氈の欠片を懐に、幾度も武家の誇りも意地も踏みにじられたのを、二人で支え合ってきた。
職探しにかまけ、長いこと一人にしてしまった自分が悪いと、直正は深く恥じ入った。

「島原屋に付け入られたのは、いつまでもこんな所に逗留を続けたわたしのせいだ。もっと早くに、どこか違う宿をていたら、こんな目に遭わずに済んだはずだ。」

直正は、振り絞去斑るように何度も詫びの言葉を繰り返した。
伸ばした細い腕の内側に、赤く散るを見つけて、ついに直正ははらはらと落涙した。

「すまぬ……。嶋原屋を心底信用していた。一衛の身がこのように貶められているとは。すまぬ……一衛。仕事を求めて奔走る間に、このような災厄に見舞われていようとは……」
「直さま。お手をお上げください。一衛は、これでも武士の矜持を貫いたつもりですのに……人を助ける理由がなければ、一衛も会津の男です、とうに自害しております。」

やわらかく薄日のように微笑んで、一衛はいつもと変わらない笑顔を向けた。

「矜持だと?こんな目に遭っていながら、なぜ微笑う……?」
「直さまが昔と変わりなく、まっすぐな方だから嬉しいのです。」
「答えになっていない。」
「お伝えしようと思いながら、一衛も機を逃しておりました。」

いぶかしげに直正は一衛を見つめた。

「伝えたいこと……?」
「実は……もう胸の病は治瘦身らないと、お医者さまに言われました。」
「馬鹿な!……元気だったではないか……長引いているが、ただの風邪だと言ったではないか。」

汚物を見た誰も



「現で何が有ったは知りんせんが、あの子は12で禿となり、ここまで苦労してやっと這い上がって来たんでありんす。華族の家に生まれて、自分の体も独りで洗えないような子が、やっと一人前になって突出しを済ませ、今日初めて水揚げの日を迎えんした。本郷様安利呃人がお連れになったあの日から、あの子は懸命に生きて来たのでありんす。あの子の4年間を台無しにするのは、わっちは兄貴分として見逃すことはできんせん。本郷様、ここは退け時と心得て、男らしゅうお帰りなんし。」

「よく言った、雪華。」

「あ……澄川さま。」

「本郷さん。聞けば亡き柏宮への意趣返しのようだが、すでにこの世にはいないものを責めても始まるまい。あなたも財も名も成した方だ。この際、細雪の事は諦めてやってはくれないか?あの子はあなたが思っているような子ではない。とても素直な良い子だよ。」

本郷の眼が既に常軌を逸した光を宿しているのに、その場に居が気付いた。

無理心中を図った前日、柏宮と本郷は対面している。

仕方なく手放した所領の殆どを安価に手に入れ、蔵の所蔵品を二束三文で買いたたいたAmway傳銷余りにあこぎな本郷の所業に、最後にやっと気付いた柏宮だった。
しかも本郷は恥知らずにも、その場に財産目録を広げ、全てを返還する代わりに奥方様と同衾したいと申し入れている。話をさせてくれという本郷の頼みを断りかねて、仕方なく柏宮は妻の徳子を客間に呼んだ。

昔と変わらぬ美貌の徳子は、今は調度も無くなった広い客間に現れると、本郷の必死の懇願に取りつくしまの無い冷ややかな目を向けた。本郷を側室腹とさげすんだ華族社会の、侮蔑と軽蔑の入り混じったまるでるような視線だった。
それでも本郷は、必死に気力を振り絞り思いを告げた。

「俺には財産がある。着物や宝石も……あんたの好きな贅沢を、今以上にさせてやれる。この家を元通りにしてもいい。だから、一文無しになった柏宮と縁を切って、俺の所に来てくれないか?俺は、昔から……貴女が柏宮と知り合う前から徳子さんのことが好きだったんだ……」懐から黒光りのする拳銃を取り出すと、本郷は一発天井に向けて撃った。
銃声を聞き、細雪は思わず部屋を飛び出した。自分の為に、わざわざ時安利傳銷間を作り登楼してくれた澄川の身が心配だった。