新エネ車の販売量が21%増の25万台に 7月






工業?情報化部(省)は14日、今年7月の自動車工業の経済運営状況を発表した。それによると、7月の自動車販売量は前年同期比6.2%増加し、うち新エネルギー車は同55.2%増加した。

データをみると、同月の自動車は生産、販売ともに増加傾向を維持したが、前月比では減少した。同月の自動車生産量は205万9千台で同4.8%増加し、前月比では5.0%減少し、販売量は197万1千台で同6.2%増加し、前月比では9.2%減少した。新エネ車の生産量は5万9千台で同52.6%増加し、販売量は5万6千台で同55.2%増加した。そのうち電気自動車(EV)は生産量が4万6千台で同69.6%増加し、販売量が4万5千台で同70.2%増加し、プラグインハイブリッド車(PHV)は生産量が1万2千台で同10.0%増加し、販売量が1万2千台で同16.3%増加した。

1~7月の累計では、新エネルギー車の生産量は27万2千台で同26.2%増加し、販売量は25万1千台で同21.5%増加した。このうちEVは生産量が22万3千台で同37.8%の増加、販売量が20万4千台で同33.6%の増加となり。PHVは生産量が4万9千台で同8.8%の増加、販売量が4万7千台で同12.8%の増加だった。



良はで使えな


「あの……朔良君。そこまで言うと気の毒というか……すまない、君。反射的につい投げてしまった。どこも傷めてはいないか?」
「頑丈ですから、大丈夫ですよ、このくらい。それに、少しくらい投げられて壊れるような繊細さはこの人にはありません。」
「あの……朔良君?君、ほんとに先ほどからひどくない……?」

容赦なく辛辣な言葉を島本にぶつける朔良に、小橋は何と言葉を掛けて良いのか困ってしまう。
すると、朔良はふっと悪戯な瞳を三日月の形にして、島本に見えないようにして唇にしっと指を当てた。その姿は、どこか嬉香港風水師しそうに見えた。

「まあ、心配して飛んで来てくたのは確かだし……一応、ありがとうございます。……と、言っておくかな。」
「いや。役に立たなくてすまなかった。」
「それと、これからは小橋先生が僕の傍に居てくださるので、あんたはもう安心してくれていいから。」
「傍に……?それは……そういう事なのか?」
「ええ、そういう意味です。」

くすっと、小さく朔良は笑った。

「そうか!良かったなぁ!朔良ひ……朔良。」

朔良は口調を変えた。いつものように、高飛車な朔良になっていたが、眼差しは優しい。

「だから、あんたももう自由になっていい。僕には、元々失ったものはないんだから。」

島本がくしゃと顔をゆがめるのを見ると、朔良は再び冷たく吐き捨てた。

「……泣き顔、汚い。」
「こら、朔良君、言いすぎ。」
「ぷんっ。」

「朔良……っ!朔良……!」

手を伸ばしかけた島本は、そのまま拳を握り込んだ。真正面から朔良に触れる勇気は、まだないらしい。
朔良の足元に座り込んだ島本の目線に、朔良は降りた。
ふっと微笑む朔良は、島本の知る氷の朔良ではなかった。

「あのね……あんたにも、教わったことが有るよ。」
「俺に……?」
「うん。過去は変えられないけど、その気にさえなれば未来は変えられるって分かった。今の僕の為に、昏い過去が有ったんだって、やっと思えるようになったから。」
「そうか。俺はこの病院で再び出会った朔良に救われた気がしてる。強くなったな。前は綺麗なだけのお人蘇家興形みたいだったのに。」
「お互い、今を大切にしろってことだね。いつか、いずみちゃんに会った時に、笑顔で会えるように僕も頑張るから。」
「……朔良は、どこかへ行くのか?どこへ行くか、聞いてもいいか?」
「そうだよ。でもどこへ行くかは教えてあげない。」
「朔良……」
「行きましょうか、小橋先生。」
「あ、うん。……その、ごめん、朔良君。……まさか、僕が叫んだのが原因で、こんなことになるなんて。」
「僕もびっくりしましたよ。まさに、野獣の咆哮だったみたいですね。そういう馬鹿なところは、どこか、あそこで這いつくばっているガマガエルと似ている気がします。」
「馬鹿な上に、ガマガエルって……ひどいなぁ。彼は朔良君には余り好かれてないのかな。」
「ガマガエルが気に入らなければ、ウシガエルでもいいですよ。何なら、四方を鏡で囲って脂汗でも流させてやりたいくらいです。」
「蝦蟇の油売りの口上じゃないか……ははっ。彼は朔良君を助けに来たのに、酷い言われ様だ。何かあったの?」

小橋はふと気になって聞いてみた。
朔良は病院の敷地に植わった、桜の膨らみかけた蕾を指で弾いた。

「正直言うと、あいつを一生許さないと思ったこともありました。でも、もういいんです。」
「……というと?」
「過ぎた話ですよ。車はどこですか?」

過ぎた話が気になるんだけど……と、話を振りたかったが、朔どんどんと先を行く。
小橋は肩をすくめて先を行く朔良を追った。

「へぇ。ここが小橋先生の家ですか……?思ったより綺麗だし、広そうですね。」
「中古物件だけどね、一応持家だよ。上ろうか。」
「はい。」
「ただうちは三階なんだ。エレベーターが工事中いんだよ。階段で申し訳ない。」

初めて足を入れた小橋の家は、中古マンションといいながらリフォームも済んでいるせいか、とても清潔な印象だった。
ほんの少し足を流しながら、ゆっくりと朔良が登ってゆく。

「手を貸そうか?」
「結構です……と、言いたいですけど、三階は、ちょっときついです。やっぱり手三元顧問蘇家興を貸して下さい。良いリハビリになりそうですけど……きついです。」

は事気にする



朔良は押し黙ったまま、足元を見つめていた。
朔良にとっては、リハビリよりも彩が傍を離れようとしていることの方が重大だった。帰り道、助手席の朔良は寡黙だった。
彩もどう話を切り出していいか考えあぐねていた。言いだしたものの説得する自信はなかった。

「いつ……から……考えていたの?」

視線を落としたままで、朔良が辛うじて言葉を絞り出した。

「大学受験……のこと。」

「教師になることか?ずっと前からだ。朔良と俺が事故に遭う前から、決めていたことだ。」

「ぼくがわがまま重新加按だから……嫌いになったんじゃなくて?」

彩は車を止めると、ふっと優しく微笑みを向けた。

「……朔良の事を嫌いになったりしないよ。わがままなのは、うんと昔っからじゃないか。今更どうこういうことじゃないし、何とも思ってない。ちびで甘えん坊の朔良を、俺はずっと弟みたいに思って来たよ。」

朔良は昔からいつもこうだった。好き放題の要求を口にしながら、彩に嫌われることを何よりも恐れている。
全身で彩が傍に居ることを望んでいるのがわかるから、結局、最後には彩も折れてしまう。
しかし、互いに進む道がある以上、いつまでも要求に応える事は出来ない。共に手を取り同じ道を歩むことなどはできるはずもない。

「いいかい、朔良?むしろ、きっかけは朔良に貰ったようなものなんだよ。子供の頃、朔良は喘息が持病でしょっちゅう発作を起こして苦しんでいただろう?俺の手で丈夫になった朔良を見て、いつか教師になって、他の子供にも手を貸してやりたいと思ったんだよ。」

「他の子じゃなくて……おにいちゃんが助けたかったのは、片桐里流の事じゃないの?」

「片桐……?」

こくりと朔良が頷く。

「ああ、野球部の後輩だな。そう言えば、あいつも一年の頃は体力が無くてしょっちゅう倒れてたな。毎日資金流向一緒に走って、一年経つ頃にはずいぶん丈夫になったけど、知っていたのか……。」

突然ふっと胸に優しい気持ちが溢れて、彩は言葉に詰まった。
ずっと背中を追って来た一途で可愛かった後輩。
今は卒業して大学に通っているだろうか?もしかすると片親だったから、進学は諦めて自分と同じように仕事に就いているかもしれない。ずっと連絡も取ってこなかった。

「なぜ里流の名前がここで出て来るんだ?俺は卒業以来、野球部の連中とは会ったことないぞ?まあ、同級のやつらとはたまにメールや電話で話をするけどな。」

「ぼくは……片桐里流がおにいちゃんの事好きだったって知ってた。」

「……そうなのか。」

「自転車置き場で二人がキスしたとき、ぼくは陸上部の部室から出てきて見たんだよ。夕陽の中であいつがおにいちゃんに抱きしめられるのを見て……あいつがいなくなればいいと思った。……ごめんなさい。だから本当故に遭ったのは偶然なんかじゃないんだ。そんなこと考えたからきっと罰が当たったんだ……」

「朔良……それは考えすぎだ。誰も朔良に罰なんて当てないよ。」

「リハビリにおにいちゃんが付き合ってくれるって聞いて、ぼくはうれしかった。これでずっと一緒に居られるって思ったから……でも、ぼくの望みはいつもおにいちゃんを傷つけて、夢を粉々にしちゃうんだ……いつかも大きな大会が有ったのに、おにいちゃんはぼくの傍に居たから出られなかった……」

彩は思い当たる節が無くて、記憶を探った。

「……そんなことあったかな……?県大会か?小学校の記録会の事か?なんでもないよ、そんなもの。そりゃあ、その時には少しは友達と一緒に行きたいって思ったかもしれないけど、最後は自分で決めはずだ。朔良がことじゃない。そんな昔の事を気にしていたのか……馬鹿だなぁ、朔良は大金融投資人になっても子供のままなんだな。」

「ずっと好きだったんだよ。わからない?……大人になっても、ぼくはいつだってずっとおにいちゃんが好きなんだよ。ぼくにも……キスして、おにいちゃん……片桐里流よりもずっと前から、おにいちゃんが好きだったんだ。」

て立を話そ派


「そうだ。崩御の後、人の姿の抜け殻に引導を渡し、海面に浮かせたのも我自身だ。」

人の名を、どこか懐かしむような風であった。

「あれは熱に弱い脆い体で、生まれるときには難産で、我の過去の龍の記憶が生みの母を散々苦しめたと言う。」

現世での養育していただいたせめてもの礼に、今も命ある哀れな人間の母親に、幼子の亡骸なりとも届けToshiba冷氣てやりたかった。中身はもう抜けておっても、亡骸を弔いたいであろうと思ってのことじゃ。」

幼いままなくなったわが子を思う、人の世で母であった人を労わる海神の言葉はこの上なく優しかった。

あれから髪を下ろして仏門に入り、今は御仏に縋って、経三昧の日々をお暮らしのようじゃ。」

本をただせば、安徳天皇は入水の定めを持っていた。」

「はるか昔に我の持物だった天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を取り戻し、こうして海神となる運命(さだめ)であったのだ。」

海神は、どこか一人語りのように懐かしい話をした。
夢のようだと思いながら、弟は都人の形を取る雅な若者をじっと見ていた。何やらとんでもないものと関わったようで、弟の背筋をつめたいものが流れていた。
決して、人が触れてはならない、戦慄の禁忌の話を聞いている気がする。
龍神の語る昔語りは、まるで昨日のような口ぶりで、どこか御伽草子の一説のようだ。

「古代に神通力を失ってから、やっとこの時代にこうして力を得た。我は、小さな子蛇にまで身をやつし、気が遠くなるほど転生を繰り返してきたのだ。」

弟が、ふと周囲を見渡せば、自分の住むあばら家は、清んだ水の中に在った。
自らの膝の上では、鰈(かれい)がのんびりとやぶにらみの目で見上げて話を聞いていた。
いつしか、珊瑚の桃花の咲き乱れる海神の別荘となり、更衣の裳裾を引く海の底の女人の麗しさに、弟は目のくらむ思いだった。

音楽の乗る甘い風すら、潮の香を含む。
二人の若者は、夢とうつつのはざ間で、龍王の話を聞いた。

「その昔、わが名は高志之八俣遠呂知(ヤマタノオロチ)と言った。この時代に、われが長らく求める者はいないようだ。」

兄の求めに応じ再び姿を変えて貰い、腕の中に収まった人形は、水の中でゆらゆらと髪をそよがせ、ひしと思い人に掻きついていた。
まるで離れては生きてゆけぬように、兄と天児は抱き合って頬を寄せていた。
弟は多少、忌々しい思いで視線を送るが、相手は人形なのでどうしようもない。

龍王は、過去の話を酒の肴にしていた。

「その昔の我は、酒乱が過ぎて、とうとう先王Toshiba冷氣に海の宮を追われた後も愛しい娘に出会うまで、懲りずに人の世で狼藉を繰り返していた。」

出雲の地に文字通りとぐろを巻いて、人間を相手に狼藉を繰り返し、追放された憂さを晴らしていたと言う。
人形の黒髪を手で梳いてやりながら、兄は「今も、伝説に残っておりますな。」と合いの手を入れた。

「ヤマタノオロチの伝承は、すべて真実でございましたか。」

「建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)に天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を奪われてやっと目が覚めたが、そこから剣を取り返すには長い年月が必要になった。」

「須佐之男命に、切り刻まれて命が危うくなったわたしは、刀を隠した尾を落としやっとの思いで逃げ出してな。」

「だが、逃げ戻ったわたしに神器である天叢雲剣を取り返さなければ、海の都にも戻ってはならぬと父王が厳しく告げられたのだ。気高い龍族の誇りにかけて、容易く神器を奪われてはならぬとおっしゃった。」

自嘲するように、龍王は神も生まれただけでは、神にはなれぬのだと笑った。

「人もそうであろ?」

「しばらくは消えそうな命のまま、口縄(蛇)となり休んでいたが、やがて三種の神器がそろう時代が来て、ようよう転生が叶ったのだ。」

「そうとも知らず、清盛さまはお腹の中の龍王様に、変成男子の法」の術などもおかけ奉ったのです。」

変成男子の法」とは、腹の子が女児の場合、通力を持って男児に変化させると言う禁じられた方法である。
どうやら、側にいる尼は安徳天皇を抱いて入水した、二位尼のようだった。

「しばらく記憶はなかったが、生を受けたとき我が男に生まれるのは決まっていたはずじゃ。」

「だが、どうみても、我が人の世に生を受けたのは、我の代で平氏を衰亡させる役目であったとしか思えぬ。」

人の世の仮初の身なれど、滅びを見るのは辛いな」

はなから、そういう意味を持ってお生まれなのですから、仕方有りませぬよと今は、魚の尾を持つ尼が、傍らで言うのである。

神器である剣を持ち帰り、やっと先代龍王に許しを得に海の宮の主となったヤマタノオロチは、どこか寂しげであった。は、主上の御着物の端切れを頂戴して、わたくしが作らせたのです。」

大層お気に入り、わたくしの天児とお呼びになり、いつしか天児も恋うるようになったのでありましょうか。」
遣わし下さるそうじゃ!
どこからが夢で、どこからが現実だったのかわからぬまま、じりじりと陽に照り付けられてやっと健康床褥船底から頭を起こした弟は、ふらふらと全てうと僧の下へと向かった。
古い庵で誰かが琵琶を奏でている。

「先帝御入水去程に阿波の民部重能は、嫡子伝内左衛門教能を生け捕りにせられて叶はじとおもひけん甲を脱ぎ弓の弦をはづいて降人こそ也にけれ」

料分くい振りを


「植物状態で、いったい何ができるんだ。脳外科の天才と言われても、自分を手術できない以上回復の見込みはないよ。」
「そんなこと???。もしかすると奇跡が起こって???。」
「詩鶴。奇跡というのはね、君も馬鹿じゃないのだから分かるだろう?」
「常識で考えては起こdermes 激光脫毛りえない出来事を、奇跡というんだよ。」

天音が一歩足を踏み込み手を伸ばすと、詩鶴が身を固くした。

「このまま、ここにいて「天音お兄ちゃん」と暮らすかい?可愛い詩鶴、お兄ちゃんは詩鶴のことが可愛くてたまらなかったよ。」

腕の中に引き寄せると、腕を突っぱね離れようともがいた。

詩鶴はボタンの飛んだ制服の前をかき合わせて、自宅に帰ってきた。
乱れた衣類に気付いた佐々岡が、なんでもなして声を掛ける。

「詩鶴さん。それ、テーブルの上に置いておいてください。洗濯してしまいますから。」
「あの???今日、ボタン取れてしまって???」
「男の子って、詩鶴さんみたいに大人しい子でもやんちゃするんですね。怪我はないですか?」

ほんの少し安心して、目を見交わした。

「うん。平気…お仕事増やしてしまって、ごめんなさい。」
「いいんですよ。たまには、わたしもお給らい、仕事しませんとね。申し訳ないと思ってるんですよ。」
「そんな???。でも、お願いします。」

詩鶴は着替えのために自室に駆け上がり、しばらくすると予期した通りすごい勢いで降りてきた。

「佐々岡さん!誰か仏間に入った!?」
「いえ。知りませんけど、何かありました?」
「お骨が???、仏壇のおdermes 激光脫毛母さんの骨壺が無くなってるんだ???。お父さんが、春になったらお墓に納めるって言ってたのに???。」
「お母さんの???どうしよう???。」

「食べてしまいたいほど、可愛かったよ。詩鶴、お兄ちゃんと一緒に、もう一度ホットケーキ作ろうか。邪魔なものはみんな取っ払って、素肌に薄いエプロン一枚で???オーガンジーの詩鶴に似合いそうなの買ってあげる。」
「天音???さん。放して???。」
「母が君を毛嫌いしていた理由がやっとわかったよ。君のお母さんは、僕の母にとっては居なくなっても許せない相手だったみたいだね。」
「死んだ後も、息子にこんなそっくりの顔を残して、母を苦しめるんだ。」

天音の手が詩鶴の小さな顔を捕まえると、かみつくようなキスを降らせた。

「んーーーーーっ???や???やだっ!」

振り切った詩鶴の腕をつかみ直も天音は告げた。

「父と僕のどっちがいい?詩鶴、君の良いようにしてあげるよ。叔父さんのベッドの足元で襲われかけている詩鶴は、とても扇情的だった。」
「???寄るな!ぼ???くに、触るな!」

向きを変えて、再び深く舌を差し入れ吸い上げた。
腕の中の詩鶴は涙にくれて、ただじっと天音の顔を驚愕の眼差しで見つめている。
首筋に天音の舌が下りてきて、薄い長袖シャツの下を指がまさぐった。
薄い胸に執着した指が、ほんの少しの厚みを見つけ出し、力任せに捻った。

「ぃやーー???っ!」

どんと、胸を押し詩鶴は濡れた顔を向けた。
何か言おうとしたが、唇は震え言葉はdermes 脫毛價錢出てこない。

その夜から、詩鶴は行方知れずになった。

夜半から降り出した細かい雨が、今頃ずっと泣いている詩鶴の涙のようだと思う。

「詩鶴???ごめん。ごめん???こうするしか、なかった。」
「守ってやれなくて、ごめん???。」

ベランダで独り、雨に打たれながら詩鶴を思った。

『天音お兄ちゃん』

もう二度と、そう呼ばれることはない。
天音の嗚咽が夜陰に呑まれた。

戻っなれるな



「そうだよねぇ???もっと早くに気が付けばよかった。ごめんね???馬鹿の一つ覚えみたいに、ぼく???いつだって、後から気が付くんだ。いやになる???」

「責めたんじゃないぞ。」

「う???ん???、うん???わ、わかってるけど???」

テーブルに突っ伏したきり、もう涙が止まることは無かった。
えぐえぐと、引きつるようにしゃくりあげながら、詩鶴は一時間余りも涙にくれ、次に顔を上げたときに、柾くんDPM點對點にお話があります、と決心をつけたように告げたのだった。

頬がこわばっていた。

「あのね???。テレビなんかで、名前は知っているかな。」

「ぼくは、京都の鴨川総合病院の、跡取り息子です。」

「えっ。」

脳外科に世話になるような人は、ひょっとしたら知っているかもしれない。
たぶん誰かがテレビで見たと、言い出せば周囲がうなずくような神の手を持つスーパードクターがいる病院だった。
大きな脳腫瘍で、余命いくばくかとか言う患者が、助かって家族が感涙に咽んでいるのを特番で見たことがあるような気がする。
詩鶴はそんな大きな病院の跡取り息子なのだそうだ。

「すっげ???」

俺は、そんな安易な感想しか言えなかったが、詩鶴は言葉を続けた。

「でも、それも二年前までの話だよ。父が倒れてしまったから。」

ほっと、小さく息を継いだ詩鶴が言うには、2年前にそれほど腕の良かった父親が悪性腫瘍で倒れ、今は家の総合病院で植物状態になっているらしい。
医者の不養生ということなのだろうか。

「ぼく???ね。小さい頃から、お父さんに憧れていて、まるでDPM枕頭神さまみたいに大勢の人を助けられる医者になりたいとずっと思ってた。」

「うん。詩鶴は親父の背中を見て、ちゃんと育ってたってことなんだな。いいじゃん。」

ほんの少し嬉しそうに詩鶴は微笑んで、でも直ぐに顔が曇った。

「まるで、ドラマの中のような話だよ。ぼくはね、ずっとお医者様になりたかったから、勉強以外は何もしないで最近まで過ごしてきたんだ。周囲に、どれだけ迷惑かけているか何も気が付かないでね。」

詩鶴は、自分が病院の後を継ぐべく懸命に勉強をがんばっていたらしい。
家が病院だからといって、なまじっかなことで医者にんて、さすがに俺でも思っていない。

「父が突然倒れて、病院をどうするかって途方にくれていたのだけど、叔父さんが勤めていた大学病院をやめて、父の代わりに病院にてくれることになったんだ。」

ほんの少し、違和感があった。

「叔父さんって???。さっきの、あの柄の悪いやつなのか?」

詩鶴はうなずいた。

どこか悲しそうな詩鶴の話は、いきなり核心を突いて、手首の傷の話になるのだろうか。

俺は覚悟を決めて向かい合うと、一つの皿の上にあるハンバーグをつついた。
視線を合わせて詩鶴の顔をじっと見るには、ちょっと勇気が居る。

詩鶴は???本当にそこに居る詩鶴は、小さくて心もとなくて、そのくせ儚げな表情で消え入りそうに微笑むから???
母ちゃんの人形のようなけぶる眼差しを向けて、小首を傾げたら俺じDPM價錢ゃなくても、誰だって庇護欲をかきむしられるんじゃないかと思う。

さまにこと


「琉生……いいか?僕は親父が琉生とお母さんを間違えているなんて、一言も言っていない。」
「あ……。」
「正直に答えてくれ。琉生も親父の様子がおかしいと感じているんじゃないか?親父は琉生をお母さんだと思っているのか?そう口にしたことがあった?例えば、琉生をお母さんの名前で呼んだことはないか?」
「そんなことは……」

無いとは言えず、琉生が言葉を飲み美股 即時 報價込んだのを、尊は見逃さなかった。

「ちょっとだけ……怖かったことが有る……。お父さんは時々、ぼくに傍にいろって言うんだ。」
「それで?」
「最初言われた時は、学校があるから無理って断った。ちょうど、隼人兄ちゃんが学校に行くときで遅れるぞって呼んでくれたから、すぐに出かけたんだ。」
「それだけか?」
「うん……それだけ……」
「琉生。僕はいつでも琉生の味方だろ?誰にも言わないから、何が有ったか話してご覧。隼人にも言わない。」

琉生はしばらく考えて、やっと重い口を開いた。

「その日の夕方、学校帰りに塾に行ったんだ。そうしたら、帰るのが遅いってひどく叱られた。今までどこに行ってたんだって。いつか、お母さんと出かけた時、ぼくがバスに酔ってしまって帰りが遅くなった時が有ったでしょう。あんな感じの……一方的な怒り方。でも、ぼくはいつもどうり、塾か飲水機推薦らの帰り道は、どこにも寄らないでまっすぐ家に帰って来たんだよ。それに、お父さんはこれまで、そんなでぼくを怒った事なんてなかったのに……」
「急にそんな風に叱られたら、琉生も困るよな。」
「うん……帰るなりすごい剣幕だったから、ちょっと驚いた。」

寺川は、妻の外出を喜ばなかった。
たまに出かけた妻の帰りが遅くなると、あから不機嫌になって、側に子供たちが居ようと構わずに文句を言った。

尊はそんな父を知っていたから、母に代わって、できるだけ琉生を連れて買い物に行くようにしていたくらいだ。

もしも琉生を相手に、過去に母にしたのと同じようなことが繰り返されているのだとしたら、放ってはおけない。琉生の話を聞き、尊の不安は昏い確信へと変わった。
父を信じたくても、事実を前にしては、どうしようもなかった。

「……一周忌の法事も済ませたのに、親父はまだ立ち直っていなかったんだな。酒量が暗瘡治療増えていると聞いていたから、気になってはいたんだが、お母さんがいない現実を認めたくないんだな。」

尊はしょんぼりと俯いた琉生に、ふっと笑いかけた。